エントリー登録に便利な機能usefulFunctions

日付と時刻について

エントリーの日付と時刻は、新しくエントリーを作成した時のものが適用されます。
ただし、エントリーの公開ステータスを「下書き」として保存すると、次にステータスを「公開」にした時に日時が更新されます。
複数回に分けてエントリーを作成する場合などに、公開できる段階になるまで「下書き」ステータスにしておくことで、エントリーの公開時の日時を摘要させることができます。

また、時刻部分をクリックすると現在の時刻が反映されます。エントリーを入力するのに時間がかかってしまった場合などに、保存前に時刻部分をクリックする事で最新の時刻にできます。



任意のファイル名を指定する

通常、何も設定せずにエントリーを作成した場合、そのエントリーを表示するためのファイル名はファイル名接頭辞(初期状態ではentry-)+連番+ファイル名拡張子(初期状態では.html)となります。
任意のファイル名を指定する場合には、 [エントリー作成] 画面または [エントリー変更] 画面の [詳細設定] 内のファイル名に記述します。
なお、ファイル名接頭辞、ファイル名拡張子の変更やファイル名の自動生成についての設定は[管理ページ] > [コンフィグ] > [編集設定] から変更できます。



公開日時、掲載期限を設定する

通常、登録したエントリーは[公開] [非公開] などで任意にステータス(公開状況)を設定しますが、公開日時、公開期限を設定する事で、自動的に指定の日時でステータス(公開状況)を変更できます。
公開日時(公開期限)を設定した場合、公開日時以前(公開期限以後)は、ステータスが[公開] とされていても一般の閲覧者には表示されなくなります。
なお、a-blog cmsのキャッシュ機能をオンにしている場合、公開日時(公開期限)を設定してあってもキャッシュとしてエントリーが表示されてしまう場合があります。このような場合にはキャッシュの有効期間を短くする、cron を利用して定期的に自動でキャッシュをクリアするなどの対応が必要になります。



タイトルにリンク先を設定する

サイト内のお知らせとして、エントリータイトルをリスト表示するような場合、内容によってはタイトルのリストからエントリー詳細ページへ移動させる必要が無いという要望があります。
例えば「製品情報ページを更新しました!」というお知らせエントリーは、お知らせエントリーの詳細ページを表示させるよりも、対象のページへ誘導したいという場合があります。
このような場合は、[詳細設定] 内の [リンク先URL] にリンク先を入力します。こうすることで、エントリーリスト (Entry_List)モジュールでタイトルのリストを表示した場合に、タイトルテキストからのリンク先をエントリー詳細ページではなく任意のURLにできます。
ただし、エントリーの内容を変更しようとした場合にも、タイトルテキストからエントリー詳細ページへは移動できなくなりますので、管理ページ内のエントリー管理から変更する必要があります。ご注意ください。



エントリーを一覧に表示させないようにする

エントリーの表示で一覧表示の場合に、内容によってはタイトルのリストに表示させたくないという要望があります。
例えば「製品情報」カテゴリー内で、基本的には各製品の情報を各エントリーとしていて、1エントリーだけ特定の商品についての注意喚起のページがあった場合などは、カテゴリー内のエントリーを製品ラインナップとして使いたい時に不都合が出ます。
このような場合は、[詳細設定] 内の [インデキシング] のチェックを外します。
こうすることで、一覧表示時に任意のエントリーを非表示にできます。エントリーの詳細ページ自体は表示できますので、必要に応じて別のエントリーからリンクするなどしてご利用ください。



a-blog cmsを体験してみよう!

お手元のPC、スマートフォンで a-blog cms製Webサイトをご覧いただけます。

メニューの「ログイン」からエントリーの投稿も!

a-blog cms デモサイト