リフォームのヤマハナ スクリーンショット

リフォームのヤマハナ

https://www.yamahana.com/

制作:株式会社ルーコ

ユーザビリティ賞

ヤマハナ様は、愛知県豊田市のリフォーム会社さんです。 ~~バージョン~~Ver.1系の頃(2012年)から、長くa-blog cmsでWebサイトを運用されています。 2019年にリニューアルする際、2,000件以上あるリフォーム事例を損なうことなく、リニューアルされた事例ページを制作することができました。

旧コンテンツの流入を損なわず、新URLヘリダイレクト

Webサイトを長く運営していると、サイト構造の変更によりURLにも変更が必要になるケースがあります。 ヤマハナ様のWebサイトにおいても、リニューアルにて事例コンテンツのURL変更が必要になりました。 2,000件以上あるページのリダイレクトが必要になりましたが、旧コンテンツの流入を活かしたままリニューアル完了できました。 a-blog cmsのリダイレクト機能は、URLの変更にも強いです。

入力は、表示画面の並び順通り

Webサイトの運営者さんが入力する「管理画面」を、a-blog cmsで簡単に設計・制作できました。 特に事例コンテンツは入力項目が多いため、使いやすい設計にしたいと考えていました。 a-blog cmsは管理画面の制作がしやすく、変更もスムーズです。 今回のリニューアルでは、表示画面の並び順・レイアウト通りに、管理画面の項目を配置できました。


入力しやすい順番・レイアウト


入力不要な情報は、項目ごと非表示に

記事の入力画面にてデフォルトで付いている「タグ」や「日付」項目も、簡単に非表示にできます。 さらに更新ユーザーの情報と紐付けて、入力を省力化することも簡単です。 たとえば更新ユーザー「鈴木さん」が作ったページは、当然「鈴木さんが担当の事例」になります。 リニューアル前は、担当者をいちいち選択していたのですが、リニューアル後は自動的に「担当者:鈴木」と紐付くようになっています。


担当スタッフの入力は省力化


Webサイトを接客ツールとしても利用

クライアントさまはWebサイトを情報発信だけではなく、接客ツールとしても利用されていました。 たとえばご来店いただいたお客様に、これまでの事例をWebサイトで紹介しながら接客する・・・といった使い方です。 そうした利用方法をお聞きしていたので「ご来店時のお楽しみ機能」をクライアントさんへ提案しました。


https://www.yamahana.com/case/yane/entry-2202.html


上記キャプチャ画像「屋根リフォーム、ここだけの話」内にて「続きは店頭で」部分が、店頭での接客時には表示される機能です。 CMSのカスタマイズとしては、ログイン時と非ログイン時で情報を出し分ける機能を使いました。 伝え方に気を遣いたい業界知識や、個別のポイントなど、繊細な部分はクローズにしつつも、各種ポイントを記録でき、新入社員さんへの教育にも役立てていただけそうです。 こうした機能を、PHPの知識がない制作者でもすぐにプロトタイプで試し実装できました。

基本テンプレートを使って、合理的に制作

テンプレートの継承機能を使うことで、自社に都合の良い基本テンプレートを用意できます。 Web制作会社と一口にいっても、規模や、求められる価値は様々かと思います。 弊社の場合は「まずクイックに作り、1年かけて改善していく」ような案件が多数なので、案件のありようにあわせた基本テンプレートを用意しています。 ヤマハナ様のWebサイトでも、ベースは弊社基本テンプレートを使い、必要な部分を別途カスタマイズしました。



自社の基本テンプレートで、画像の出し分けや、トラッキングに対応


文字装飾の仕方も、簡単にカスタマイズ


プロトタイピングの時は、ささっと色を決めて制作


こうした基本テンプレートは、CMSの継承機能を使っているので、CMSのアップデート時にも大きな労力なく対応できます。 長く使っていくWebサイトで、破綻せずに運営できています。

制作会社紹介

株式会社ルーコ

そのほかの制作事例

チェック済みのものは過去に訪問した制作事例になります。未訪問の制作事例もみてみましょう!